残響をなくせ!Premiere Proでリバーブを除去する方法




動画の音、グワングワンしてね?

動画撮影で知っておきたいのが、

「リバーブ」の存在です。

どんな場所で撮影したとしても、音が壁や窓に当たって生じる「反響音」も収録されています。

この残響を「リバーブ(riverb)」と呼んでいて、場所によっては、リバーブが音質を下げることもあります。

ありがたいことに、Premiere Proでは、リバーブを除去できるエフェクトが標準装備されているんですね。

 

Premiere Proでリバーブを除去する方法

今日はその使い方を紹介します。

 

エフェクトを探す

エフェクトウインドウから

リバーブ

と検索すると、オーディオエフェクトの「リバーブを除去」が見つかるでしょう。
Image from Gyazo
標準装備エフェクトなので、Premiere Pro使いならば誰しも備わっていますよ。

 

エフェクトを適用

さて「リバーブを除去」が見つかったら、ドラッグし、オーディオクリップにドロップ。
Image from Gyazo
これでリバーブ除去の適用が完了です。

 

Premiere Proのリバーブ除去の微調整

エフェクトの細かい値をいじることで、お望み通りコントロールできます。

オーディオクリップを選択状態で、エフェクトコントロールパネルを見ましょう。

 

そこに表示されたプロパティのうち、

カスタムセットアップ

の「編集」をクリック。
Image from Gyazo
すると「リバーブ除去の専用ウインドウ」が立ち上がるんですね。

設定項目は、前回紹介した「クロマノイズ除去」と瓜二つ。

項目も使い方もだいたい一緒です。

 

除去具合を調整する

「量」をいじると、リバーブの除去具合を調整できます。
Image from Gyazo
0から100まで10段階で調整できます。

もちろん、量が大きいほどがっつりリバーブを残響を除去できます。

 

「えっ、どんな値にしたらいいかわからない・・・」

という方は一番上の「プリセット」を活用しましょう。
Image from Gyazo

プリセットでは、

  • デフォルト
  • 軽いリバーブリダクション
  • 重いリバーブリダクション

の3パターンから選べ、プリセットごとに「量」が設定されます。

 

フォーカスする周波数

さて、お次は「フォーカスの処理」にご注目ください。
Image from Gyazo

除去したい残響の「周波数」を指定できるんですね。

指定項目は

  • すべての周波数
  • 低周波数
  • 中周波数
  • 低周波数と高周波数
  • 高周波数

の5通り。

生じた残響によって使い分けてみてください。

 

Premiere Proでリバーブの除去してみた結果

はい、以上です。

具体的に、リバーブ除去のプロパティをいじって検証してみました。

その結果、

リバーブ除去した音声のほうが「音が落ち着く」とでも言うのでしょうか?

耳にかかる負担が少なくなり、聞きやすくなった気がします。

 

ただし、リバーブ除去にはクロマノイズ除去ほどの感動はありませんでした。

また、除去の「量」と「周波数」をいじりましたが、そこまで顕著な違いは見られません。

 

ただその中でも、プリセットを「重いリバーブリダクション」の違いは聞き取れました。

リバーブを除去しすぎた結果、声そのものが変形し、ボコボコになっているではありませんか。

除去しまくりゃいいっていう問題ではないのですね。

リバーブ除去を適用したら、エフェクトコントロールから自分好みに編集しましょう。

 

それでは、良いリバーブ除去を。

Ken

【参考文献】



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。