【Premiere Pro】ローリングツールの使い方




 

先日『売り上げ・集客に繋がる 動画マーケティング』を読んでいたところ、

Premiere Proのローリングツール

の存在を知りました。

ローリングツールは「リップルツール」と同じケースに入っています。

リップルツールをクリックで長押すると、ローリングツールを選べますよ。

もしくはショートカットキー「N」なら一発で起動できます

 

Premiere Pro ローリングツールの使い方

さて。

それでは一体、このツールは何を「ローリング」するのでしょうか?

 

実はこれ、

複数クリップの尺を変えず、切り替わりのタイミングをずらせるツールなんです。

ちょっと何を言ってるかわかりませんので、具体例をみましょう。

「A」と「B」の2クリップがあったとします。

この際、

A + Bの総和の時間長さは変えず、Aを長くした分だけBを短くしたい時だってありますよね?

そんなシチュエーションで活躍するのがローリングツールなのです。

 

もちろん、ローリングツールを使わず、選択ツールでゴリゴリやっても不可能ではありません。

選択ツールで、Bを短くして、

Aを同じ分だけ長くしてくっつければいいのです。

不可能ではありませんが、作業工程が長くなり、面倒くさいことは間違いありません。

 

この作業を一発で成し遂げられるのが、今回紹介するローリングツールです。

AとBの境界にローリングツールを当てがい、アイコンが切り替わったタイミングで、AをB側にドラッグして伸ばします。

すると、Aを伸ばした分だけ、Bも短くなります。

結果的に、A + Bの全体量は一定に保てるのです。

Image from Gyazo

いやー、地味にすごいですね、ローリングツール。

今回のように「複数クリップの全体長を一定にしたい局面」でお試しください。

 

それでは!

Ken

 

【参考文献】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。