Premiere Proで手ぶれ補正するやり方【ワープスタビライザーの使い方を解説】




 

カメラ片手に動画撮影しましたが、やはり「手ぶれ」が気になります。

Image from Gyazo

わたしたちは生物なので、三脚のようにカメラを「完璧に」固定できません。

 

ジンバルや三脚で手ぶれをなくせますが、その一方で、

「手ぶれ」は撮影者の存在を感じさせる大切な要素でもあります。

必ずしも「手ぶれがない動画が良い」とは限らないのが映像表現の深いところです。

 

ただ、編集の段階で、意図しない手ぶれを消したり、狙った通りの「ブレ具合」に調整できたらいいですよね。

ありがたいことに、Premiere Proでは標準装備で「手ぶれ補正機能」が備わっています。

その名も、

ワープスタビライザー

です。

 

Premiere Proのワープスタビライザーの使い方

使い方はこんな感じ。

 

エフェクトを探す

ワープスタビライザーのエフェクトを探しましょう。

エフェクトウインドウの検索窓で「スタビ」と検索すれば出てくるはず。

Image from Gyazo

 

エフェクトを適用

そのエフェクトをドラッグし、手ぶれ補正したい映像クリップにリリース。

Image from Gyazo

すると、

バックグラウンドで分析中

と出て、

しばらくすると

スタビライズしています

になり、

やがて消失します。

この時点で、手ぶれ補正が完了です。

 

すると、どうでしょうか?

「たった2ステップ」で、手ぶれを補正できたんです。

揺れ幅が小さくなり、ストレスが減ったことが素人目からみても確認できます。

 

ワープスタビライザーの細かい設定

すでに手ぶれ補正は完了していますが、まだまだ終わらないのがワープスタビライザー。

真骨頂を発揮するのはここからなのです。

 

クリップを選択状態で、エフェクトコントロールパネルをみましょう。
Image from Gyazo
「ワプスタビライザー」の項目から、次の値をいじれます。

 

スタビライズ

安定させるを意味する動詞。つまりは、

手ぶれを取っ払う度合い

を決定付ける項目です。

スタビライズ内の設定項目は次の4つ。

 

結果

「結果」では

  1. 滑らかなモーション
  2. モーションなし

から選べます。
Image from Gyazo
1つ目の「滑らかなモーション」では手ぶれを完全になくすのではなく、ぶれを残したまま、ぶれ具合を減らせます。

一方、後者の「モーションなし」を設定すると、完全にブレを無くせます。

まるで三脚で撮影したかのような映像に仕上げられますね。

こちらは用途によって切り替えてみてください。

 

滑らかさ

先程「結果」を「滑らかなモーション」に設定した場合、ぶれを残す度合いを決めましょう。

「滑らかさ」が高いほどブレは少なくなり、低いほどブレは大きくなります。

Image from Gyazo

0から1000パーセントまで自由に選べ、デフォルトは50%です。

 

補間方法

手ぶれを補正する方法ですね。

Image from Gyazo

「具体的に動画の何を補正するのか?」という補正対象を決めます。

選択肢は次の4つ。

位置 位置データのみをもとに補正。
位置、スケール、回転 位置、スケール、回転のデータをもとに補正。トラックする領域が十分にない場合は、ワープスタビライザーが位置を選びます。
遠近法 フレーム全体が、コーナーピンされているような状態にする補正方法。トラックする領域が十分にない場合、ワープスタビライザーによって前の種類である「位置、スケール、回転」が選択されます。
サブスペースワープ フレームのさまざまな場所を歪ませることで、フレーム全体を安定させる方法。トラックする領域が十分にない場合、ワープスタビライザーによって前のタイプ(遠近法)が選択されます。

Adobe公式ページより

どれを選ぶかによって、補正動画のスケール率は異なってきます。

デフォルトでは「サブスワーブ」なので、お好みによって変えちゃってください。

 

スケールを保持

ここにチェックを入れると、動画のスケールを変えずに補正できます。

Image from Gyazo

寸法を変えてはいけない時、活用するといいでしょう。

 

境界線

手ぶれ補正した動画の境界を決定します。

ワープスタビライザーでは、手ぶれを軽減するために揺れている部分をカットし、手ぶれがないように見せています。

つまり、ワープスタビライザーをかけると「カットされた部分」と「カットされなかった部分」の境界が問題になるわけです。

さて、この境界線の設定項目をみていきましょう。

 

フレーム

フレームには

  • スタビライズのみ
  • スタビライズ、切り抜き
  • スタビライズ、切り抜き、自動スケール
  • スタビライズ、エッジを合成する

の4パターン用意されています。

Image from Gyazo

まず1つ目の「スタビライズのみ」を選択すると、境界を合成せず、ただ手ぶれ補正をするだけ。

境界線がグニグニと動いてしまいます。

Image from Gyazo

次の「切り抜き」を選択すると、動画サイズを小さくすることで、境界は「黒枠」で囲まれます。

Image from Gyazo

次の「自動スケール」では、縮小分をごまかすため、小さくなった分だけ動画の絵を大きくする方法です。

Image from Gyazo

最後の「エッジを合成する」は、動画の絵を拡大せず、境界線を黒にしません。

Image from Gyazo

周辺の動画データを合成して、あたかも「エッジが切り抜かれていない」かのように自動合成してくれます。

 

上記のどの方法を選ぶかで、動画の拡大率は異なります。

その下にある「自動スケール」をみて、どれくらい動画が拡大されているのかチェックするといいでしょう。
Image from Gyazo
例えば「108.4パーセント」ならばデフォルトから8.4パーセント拡大して補正されています。

 

最後の「追加スケール」は、自分で動画を拡大する時に用います。

Image from Gyazo

「自動スケールの拡大率」に不満ならばここを調整すると良いでしょう。

 

詳細

さて、まだまだ終わりません。

最後に「詳細」タブが用意されています。

面倒くさいのでスルーしたいところですが、後世のためにここも掘り下げておきましょう。

 

ここでは境界線の「フレーム」で選んだ項目によって異なります。

「スタビライズ、切り抜き」「スタビライズ、切り抜き、自動スケール」を選択したら「切り抜きの縮小」が出てきます。

Image from Gyazo

「補正のための切り抜きを施す度合い」を決める項目。

0から100パーセントで自由に決められ、デフォルトでは50パーセント。

 

補間方法に「サブスペースワープ」を指定したら「ローリングシャッター」も動かせます。

Image from Gyazo

こちらでは、手ぶれ補正で生じた「波紋現象(リップル)」を補正する方法を決めます。

デフォルトでは「自動」ですが、自動では物足りないならば、拡張で「波紋の状態を合成」して編集できます。

 

フレームに「エッジを合成する」を選ぶと、次の項目を決められます。

  • 合成入力時間
  • 合成ぼかし
  • 合成切り抜き
Image from Gyazo

「合成入力時間」はエッジを合成する際に活用するデータの引用先。

タイムラインの前後何秒の映像データから合成するかを決められます。

秒数が大きいほど、計算データが増えて処理は重くなる点にご注意ください。

 

次の「合成ぼかし」は「合成したエッジをぼかす度合い」ですね。

大きいほど境界線はぼやけます。

Image from Gyazo

最後の「合成切り抜き」は、合成したエッジの上下左右4方向に、どれだけ合成せずにえぐるか、を決めます。

例えば、「左」を「20」にした場合、左サイドの境界線は20だけ黒くえぐられます。

Image from Gyazo

境界線を見せたくないなら、全てゼロでいいでしょうね。

 

Premiere Proのワープスタビライザーはパンドラの箱

いやー以上です。

ワープスタビライザーのエフェクトコントロールパネルを開いてしまった時は固まりました。

「こ、これ全部解説するのかよ・・・・」

と逃げたくなったのを認めましょう。

 

この記事を執筆するにあたって、すべての項目に向き合い、結果的に自分自身がワープスタビライザーを使いこなせるようになったのは大きな収穫でした。

カメラで動画撮影する時は、ワープスタビライザーの存在も頭に入れ、

「多少のぶれならPremiere Proがフォローしてくれる」

と思って、ガンガン撮影していきましょう。

 

それでは!

Ken

 

【参考記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。