【作業効率アップ】Premiere Proのスナップ機能の使い方




Premiere Proのスナップ機能は意外にすごい

Premiere Proの「スナップ機能」をご存知ですか??

これ、ズバリ、

クリップ同士が吸い付く機能ですね。

 

例えば、タイムラインに設置した「クリップA」と「クリップB」があったとしましょう。

 

 

こいつらを近づけた場合、隙間が生まれず「ぴたっ」とくっつくのです。

 

 

スナップ機能のおかげで、クリップを隙間なく並べやすい利点があります。

 

例えば、前方と後方のクリップを繋げようとしたら、終盤で磁石がついているが如く、前方のクリップに後ろのやつが吸い付くのです。

これが「スナップ機能」。

Image from Gyazo

実はこのスナップ機能、Premiere Proのデフォルトで「オン」になっています。

何もしなければ吸い付くのですね。

 

この吸い付きを「オフ」にしたい場合、タイムラインの「磁石マーク」をクリックし、無色(灰色?)にするといいですよ。
Image from Gyazo
これならスナップ機能なしで、クリップとクリップの間にギャップをあえて作れます。

Image from Gyazo

ちなみに、ショートカットキーは「S」。

もちろん、「Snap」の「S」に由来しているのでしょう。

「S」を押せば、スナップ機能を一瞬でオン・オフできます。

ぜひ試してみてください。

 

それでは!

Ken

 

【参考図書】



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です