書き出しに便利!Premiere Proでワークエリアを調整する方法




Premiere Proでワークエリアどこいった?

Premiere Proの書き出しで注意したいのが、

書き出しの範囲

ですよね。

作成したシーケンス内の「どっからどこまで」を出力するか決めねばなりません。

Premiere Proでは、書き出すソースの範囲は次の4種類。

  1. シーケンス全範囲
  2. シーケンス インアウト
  3. ワークエリア
  4. カスタマイズ

 

 

一番使いやすいのが「ワークエリア」です。

自分が決めたは「ワークエリア」と呼ばれるシーケンス内の範囲を指定して書き出せますから。

範囲を指定するだけで、すこぶる使いやすいのです。

 

ただし、ワークエリアはデフォルトでは表示されていません。

初心者にはわかりづらいこと限りなしですね。

Image from Gyazo

さて、書き出しに重要な「ワークエリア」を決めるのはいたって簡単です。

シーケンスの右側にある「3本線」をクリックすると、

ワークエリアバー

が出てきませんか?

Image from Gyazo

そちらをクリックすると、シーケンスの上部に

「青と青に挟まれたゲージ」が出てきます。

 

これが紛れもなく「ワークエリア」と呼ばれるもの。

「青と青に挟まれた範囲」を書き出せるのです。

ドラッグしてタブを動かし、ワークエリアを決定しましょう!

 

それでは!

Ken



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です