Premiere Proで動画の一部をズームイン・アウト(拡大縮小)する方法




Premiere Proで動画の一部をズームイン・アウトしたい!

Premiere Proで動画編集していると、

あるシーンで拡大・縮小したい

という時がありませんか。

別の言い方をすれば、

ズームイン・ズームアウトしたい時です。

 

例えば、自撮りで顔をアップにしたり、説明動画で「小さい部分」を拡大したりする時ですね。

そんな突然のズームイン・アウトにもPremiere Proならば対応できます。

 

方法はいくつかありますが、今日はそのうちの

エフェクトを使わずに拡大・縮小する方法を紹介します。

 

 

 

拡大・縮小したいパートを切り分ける

拡大・縮小したい一部分を切りとりましょう。

例えば、3~5秒でズームアップしたい場合は、

  • 3秒
  • 5秒

の2地点に切れ目を入れます。

 

 

切り取りで使えるのが「レーザーツール」。

ショートカットキー「C」で起動できますね。
Image from Gyazo

「3から5秒のズームアップ」ならば、3秒と5秒の2箇所に切れ目を入れてみてください。

 

選択ツールで選択する

切り抜いた部分を「選択ツール」で選択。
Image from Gyazo

エフェクトコントロールパネルを開く

左上の「エフェクトコントロールパネル」で

  1. スケール
  2. 位置

の2プロパティをいじります。

スケールは拡大・縮小時に変えていきますよ。

拡大ならば、パーセンテージを増やし、縮小ならば減らします。

Image from Gyazo

そして、拡大・縮小したら位置もちょっといじります。

なぜなら、拡大しても望まぬ箇所をズームインしちゃう場合もありますから。

位置のプロパティは「x」と「y」を調整すればいいでしょう。

 

アニメーションをつけると、もっとズームインっぽくなる

以上、エフェクトを使わずにPremiere Proでズームイン・ズームアウトをする方法でした。

 

ただ、これだけだと、

いきなり拡大縮小するズームイン・ズームアウトの動画になってしまいます。

Image from Gyazo

なにかこう、

カメラが近づいくようなズームインの編集方法はないのでしょうか。

 

これはPremiere Proでアニメーションを作成することで実現できます。

さきほどエフェクトコントロールパネルで

  1. スケール
  2. 位置

の数値を変化させましたね?

こいつらにキーフレームをうってアニメーションをつければいいのです。
Image from Gyazo

 

すると、カメラマンがいるかのようなズームイン・ズームアウトの編集ができるでしょう。

 

Image from Gyazo

このほかにもPremiere Proには「ズーム」エフェクトを使った拡大・縮小の方法があります。

よかったらこちらも参考にしてみてください。

 

それでは!

Ken



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です