【ソニーα7III】アイピースカップを紛失した時の対処法




 

ある日、α7IIIでそこら辺を撮影していたときのことです。

ファインダーを覗いて写真撮影していたら、眉間にある種の痛みを感じました。

これまで撮影中に痛みを感じることはありませんでしたので、

「あれ、おかしいな・・・・」

と思って、ふと、ファインダーから目を離し、カメラを俯瞰してみると、なんと、

アイピースカップが外れていたのです!

アイピースカップとは、ファインダーと目の接合部のこと。

https://www.sony.jp/ServiceArea/impdf/pdf/47329500M-JP.pdf(19ページ)より

目がカメラに接する部分なので、柔らかい素材でできており、このパーツがあるからこそ、カメラを顔面に押し付けてファインダー撮影しても痛みが生じません。

この「アイピースカップ」というパーツはもちろん、自分でも外せます。

左右に開いて、上にあげると、カメラ本体から外れます。

 

「アイピースカップを外す」のは、別売りのはアクセサリーをカメラに装着する時、ですね。

例えば、このブログでも紹介した自撮り用ミラーを装着する際もアイピースカップを取り外さねばなりません。

が、しかしですよ?

今回は、何もしていません。ただ、写真撮影をしていただけでアイピースカップが外れてしまっているとは、いったいぜんたいどういう事態でしょうか?

 

焦るに焦ってカメラバックの底を漁ってもアイピースカップは見当たらず。

直近で歩んできた道のりを再度たどっても見つかりません。

そうです。

おそらく、カメラを取り出した何かの拍子でアイピースカップがポロッと落下したらしいのです。

 

その際、わたしはあろうことかアイピースカップの落下音に気づかぬまま、道を歩み続け、今に至るわけです。

わたしのアイピースカップは、今も地面の上のどこかに落ちているのかもしれません。

すなわち、わたしはα7IIIのアイピースカップを紛失してしまったのです。

 

それではα7IIIのアイピースカップを紛失してしまったらどうすればいいのでしょうか。

それはズバリ、

正しい規格のアイピースカップを購入するしかありません。

 

ここで「正しい規格の」と書いたのは、ソニーのカメラ用のアイピースカップには複数種類があるからです。

油断していると、間違った規格のアイピースカップを購入する恐れもあります。

2021年8月2日現在、ソニーのアイピースカップの種類には

  • FDA-EP19
  • FDA-EP18
  • FDA-EP17
  • FDA-EP10

という4種類ございます。

それぞれのアイピースカップは以下のカメラ機種に対応しています。

アイピースカップ名 対応機種
FDA-EP19 α1, α7SIII
FDA-EP18 α99II, α58, α7R III, α7R IV, α9II, α7III
FDA-EP17 α6600, α6400, α6500
FDA-EP10 α6100, α6000, α6300, NEX-7

こちらの表をもとにご自身のカメラに合うアイピースカップを選んでみてください。

 

わたしの場合は「α7III」でしたので、アイピースカップの中でも「FDA-EP18」が必要でした。

というか、わたしは何も調べずにビックカメラに参りまして、そこで店員さんに正しい規格を選んでもらったのです。

価格は1000円。

ビッグカメラのポイント292ポイントをフル活用し、708円で購入できましたが、やはり紛失するしないで財布へのダメージが違いますね。

ビックカメラの店員さんに

「これ、なくす人が多いんですかね」

と尋ねてみたところ、やはりそのようです。

その他にも、紫外線の影響でアイピースカップ自体がしわしわになってしまった結果、買い換える猛者もいるようです。

カメラのアイピースカップという部品は実は消耗品だったのです。

「紛失して買い直す」では悔しすぎますので、わたしもアイピースカップを消耗品の一種と捉え、

「シワシワになり始めたから自分の意思で買い換えた」

という別のストーリーで上書きすることにしました。

わたしと同じα7IIIのアイピースカップを紛失された方は、紛失したと思わしき道を再度歩んでみて、カメラバックの中を再確認し、それでもない場合は正しい規格のアイピースカップを購入してみてください。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。