電話越しの声を作り出す方法【Premiere Pro・Audition対応】




 

動画編集しているとたまに、

普通の声を「電話越しの声」っぽく加工したいとき、ありますよね?

もちろん、本当は電話越しで話していないにも係らかかわらず、です。

実は、人間の音声を電話越しっぽく加工するのは簡単です。

ズバリ、

ある特定の周波数以外の周波数をカットをすればいいのです。

具体的にどの周波数をカットするかというと、

300から3400ヘルツ以外の周波数です。

 

声の音声に含まれる全周波数の音のうち、300から3400ヘルツの要素だけを残し、それ以外の周波数はカットするのです。

その理由は、

従来の電話機では300から3400ヘルツの音声しか送受信できなかった

という歴史があるためでございます。

この経緯により、電話機の周波数問題が解決しつつある現代においても、周波数の「300〜3400ヘルツ以外」を音声からカットしてしまえば、電話越しの声っぽく聞こえる、というわけです。

 

Premiere Proで電話越しの声に編集する方法

さて。

それではどうやってある音の周波数を加工するのでしょうか。

もう、

イコライザー

を使っちゃいましょう。

 

ありがたいことに動画編集ソフトPremiere Proにもイコライザーのエフェクトが標準装備されているので、Premiere Pro1本で電話越しの声をつくれちゃいますね。

Premiere Proにはいくつかイコライザーのエフェクトが用意されていますが、個人的にわかりやすくて気になっているのが

AUGraphicEQ

です。エフェクトウィンドウから名前を検索し、オーディオクリップに適用しましょう。

Image from Gyazo

こちらは使って300〜3400ヘルツ付近の音をカット。

というか、出力を最小の「マイナス20 dB」に設定してみます。

 

すると、元々このような音声だったのが、

次のような音声に変貌。

もう、電話越し感満載ですよ。

 

音声編集ソフトAuditionならもっと簡単に電話ボイスを作れる

上記のようにPremiere Proでも十分に電話越しの声を再現できますが、より最強なのがAuditionを使う方法です。

こちらにはなんと、プリセットで「電話」が用意されており、こちらを設定するだけで電話越しの声っぽく加工できるのです。
Image from Gyazo
Auditionの電話プリセットで加工していると次のようになりました。

これなら残すべき周波数の数値(300~3400ヘルツ)を正確に覚えていなくても問題ありません。

カットする度合いも全てソフト側の設定に任せられますね。

 

今回の検証のように、特定の周波数を抑えるだけ、人の声質はガラッと変化します。

動画編集で人の声を取り扱うならば、イコライザーの活用は必須ですね。

 

それでは!

Ken

 

【参考記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。