【Premiere Pro】undefined is not an object という粘着質なエラーを解消する方法




 

Premiere Proを使っていましたら、あるうざいエラーに絡まれ始めました。

その名も、

undefined is not an object

です。

直訳すると、

undefinedはオブジェクトではありません

ですね。

 

 

このエラーが発生するタイミングはいつも決まって、

Premiere Proで図形・シェイプを追加する時でした。

Image from Gyazo

図形を画面内に新規追加するタイミングで、呼んでもないのに出てきます。

しかも、何度も、ね。

 

ただし、このエラーは致命的なものではありません。

  • 「OK」をクリックする
  • Enterを発動する

という施策で素通りすれば、支障なく動画編集を続けられます。

 

しかしながら、図形を挿入するごとにこのエラーが出現するので、エラーを消す手間が発生していたのです。

そして、このエラーに徐々に精神を侵食され、

図形を挿入するのが億劫になってきてしまったのです。

これにより、動画編集がどんどん雑になっていくのを感じました。

 

もちろん、これではいけません。

このエラーから逃れるために解決方法をググってみたところ、Adobeヘルプページにたどり着きました。

どうやら同じトラップにハマったAdobeユーザーが既にいるらしく、長々とやり取りが続いていました。

 

最終的にmarkkennyさんがこちらのCreative CowのページのMatt Mullenさんの解決策でヒントを得て、これを元に解決策を導き出したのです。

I recently resolved this at one of my customer’s sites. They had a storage volume named Library. Had to rename the volume and Premiere stopped throwing the error.

結果的に、質問者の cooperdale さんも無事に解決できたようです。

OH MY GOD THANK YOU!!! I was pulling my hear out over this problem for days. I do have a NAS with one of the volumes called Library. I disconnected it and BAM the errors are gone! This is the weirdest solution to a problem with Adobe products I’ve ever seen (and I’ve seen plenty 😉 Thank you again and all the best!

 

さて、その解決方法とはずばり、

Premiere Proのワークスペースから「ライブラリ(LIBRARY)」という名前の付いたウィンドウを削除することです。

I can report same issue; we’ve a shared drive called LIBRARY that makes Premiere error on a new document. Remove the Libraries panels from all workspaces, and update, then it works fine.

確かに言われてみれば、わたしのワークスペースにも「CCライブラリ」というパネルがあるではありませんか。

どうやらこれが原因だったらしいのです。

早速、ものは試しと、この「CCライブラリ」を削除(パネルを閉じる)してみると・・・・
Image from Gyazo
あら不思議!

 

あの忌まわしいエラーは出なくなりました。

Image from Gyazo

あの苦しみは一体何だったんだろう、と思えるほどあっけない展開です。

 

エラーの原因はどうやら「ライブラリ(LIBRARY)」という名前にあったようです。

「undefined is not an object」はJavaScriptで吐き出されるエラーらしいです。

おそらくですが、Premiere Proを動かすベースのJavaScriptのコードに「ライブラリ(LIBRARY)」という変数名が大事などこかで使われていたのでしょう。

そして、偶然にもその名前「ライブラリ(LIBRARY)」という名前が「CCライブラリ」の「ライブラリ(LIBRARY)」と被り、今回の騒動に繋がったのでは、と推測します。

まあ、真相は定かではありませんが、解決方法は判明しました。

ご自身のワークスペースから「CCライブラリ」を削除すれば「undefined is not an object」から逃れられるはずです。

ぜひお試しくださいませ。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。