声の重低音(100Hz以下)をイコライザーで取り除いてみた【Premiere Pro編】




 

先日『ビデオグラファーのための音声収録&整音ハンドブック』を読んでいたら、動画内の声を加工する際にやっておきたい「ある重要な処理」を紹介していました。

それは、

100Hz以下の重低音カット。

100Hz以下をカットしても聞き取りに影響をなく、モコモコした感じがなくなり聞き取りやすくなる、と。

その理由は、ナレーションの録音はマイク近くで話すため「近接効果」によって低音域が通常よりも入りやすくなるからです。

業界では「重低音カット」は必須の処理になっているようです。

整音を料理に、各音声を野菜に例えるとして、ノイズを除去した状態は「泥を洗い落とした」ような段階。そこから皮むきや切り分けのような基本加工を行なってはじめて「素材」として完全な ものにすることができる。特に声の処理においては、 100Hz以下程度の重低域を取り除くロ ー カ ット処理は、原則として必須の項目として覚えておこう。そこにイコライザーを使って音質、コンプレッサーを使って音量のばらつきを揃えると、生音ともまた違った「スピーカーを通した状態での聴きやすさ」を得ることができる。

人間の声は100Hz以下程度の帯域をカットしても、聴き取りにほとんど影響がない。こうした重低域は大きなスピーカーで聴いた時に振動のようになるなど悪影唇も多いので、イコライザーなどでカットすると後の処理がしやすい。

 

『ビデオグラファーのための音声収録&整音ハンドブック』88ページより

 

わたし自身、これまでナレーションを含む動画を作ってきましたが、これまで低音処理をやったことがありません。

今回、物は試しと「100Hz以下」の周波数をカットしてみました。

 

声の重低音(100Hz以下)をイコライザーで取り除いてみた【Premiere Pro編】

重低音カットで利用するのは「イコールライザー(Equalizer)」という機能。

ある特定の周波数の音の出力を調整できるもので、通称「EQ」と呼ばれています。

プレミアには多くのイコライザーのエフェクトがありますが、最も手っ取り早く簡単で初心者でも取り扱いやすい

AUGraphicEQ

を採用しました。

エフェクトウィンドウで「eq」と検索して発見。
Image from Gyazo

こちらはオーディオクリップに適用し、エフェクトコントロールパネルを開いて「カスタムセットアップ」から編集へ進んで、グラフィックイコライザーのウインドウを立ちあげます。

Image from Gyazo

そして「100Hz以下」を最小の出力「-20 dB」に設定すると、次のようになりました。

元の音声がこちらで、

重低音カットバージョンがこちら↓

100Hz以下の重低音がなくなるだけでこんなに聞き取りやすくなるとは・・・!

なんというか、男らしい低音は消えた代わりに、耳へのダメージが減ったとでもいうのでしょうか。

 

それに加えて『ビデオグラファーのための音声収録&整音ハンドブック』では以下の追加処理も紹介されていました。

  • 1~3kHzを少し下げて上品にする
  • 10kHzの周波数の出力を上げて明瞭度を上げる(ただしあげすぎに注意)

以上をやってみたところ、次のようになりました。

なんということでしょう。

1~3 kHzという高周波数を少し抑えると、さらに聴きやすくなりましたね。

 

ただ、個人的に低音が消えて弱く聴こえるのを防ぐため、カットした100Hz近傍の200~300Hzは気持ち出力を上げてみました。

すると、最終的にこのような音声に落ち着いたのです。

はい、今回の検証で気づいちゃいました。

そうです。

ナレーションの声はイコライザーによる「周波数ごとの出力調整」が必要だったのです。

今後ナレーションの声を動画に挿入する際は、100Hz以下の低音カットはマストでおこない、状況に応じて1〜3kHzを抑え、10kHzを気持ち上げて明瞭度を上げる調整をおこなう、と誓ったのです。

 

それでは!

Ken



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。