【書評】「YouTube の時代」を読んで興味深かったこと




「YouTube の時代」という本を読んでみたけど割とよかった

先日、「YouTubeの時代」という本を読みました。

 

この本は YouTubeのお偉い人が書いた本みたいで(トレンドカルチャー分析部門のヘッドマネージャー)、

「どのように YouTube が発展してきたのか?」

という YouTube の歴史から、興味深いヒット事例までをわかりやすく解説してくれています。

QR コードが各ページに設置されていて、スマートフォンで読み取ると、該当の動画をすぐに確認できちゃいます。

紹介されているのは主にアメリカの事例。

知らない事例が出てくるかもしれませんが、すぐに動画をチェックできるので、置いてけぼりにされないように工夫されていました。

 

この本では様々な YouTube のヒット事例が紹介されていたんですが、興味深かったのが

これまであらわになっていたなかった深層心理をくすぐるYouTube 動画たちでした。

YouTube 動画は採算度外視で好きなものをアップロードできるので、テレビや映画が作らなかったコンテンツが増えてきているのです。

これにより、テレビではなし得なかったヒット動画が誕生しているみたいです。

 

例えば、この書籍で紹介されていたのが、

  • ささやき声のASMR(頭、脊髄に独特の疼きをもららす動画)
  • お菓子を解剖する動画
  • 蜂の巣をぶっ壊す動画
  • 熱い玉を何かに乗せて実験する動画
  • スポンジに水を染み込ませる動画
  • 人形に服を着させる動画
  • 開封動画

などですね。

このような奇妙な動画は、テレビでは製作されてきませんでした。

絶対に採算取れそうにないですからね笑

 

僕自身もこれからいろいろな動画をアップロードして実験していきたいと思っています。

これまで晒されることがなかった人々の深いところにある欲望・興味などを明らかにしていきたいですね。

気になる方はよかったら「YouTubeの時代」を読んでみてください。

 

それでは!

Ken



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です