iPadアプリ「VideoScribe Anywhere」を使ってみた




 

VideoScribeはパソコンソフトで、Windows・Macの両OSに対応しています。

が、なんと嬉しいことに

iPad専用アプリ

も存在していたのです。

その名も、

VideoScribe Anywhere

です。

VideoScribe Anywhere
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: ¥120

 

残念ながら無料ではなく、120円かかります。

ただ、このアプリだけでも十分。

画像・テキストを配置したり、BGMをつけたり、ボイスオーバー録音できたり・・・・、ホワイトボードアニメーションを「このアプリだけで」制作できます。

 

iPadアプリ「VideoScribe Anywhere」の特徴

ただし、パソコン版とは何点か違いがありますので以下、紹介します。

 

動画の書き出しに金がかかる

最も顕著なのが、書き出しごとに金が徴収されること。

書き出しごとにアップルストアで支払いを求められます。

書き出し数 料金
1 ¥120
6 ¥600
100 ¥4,400

 

 

「ど、書き出しに金がかかるなんて終わってる・・・・!」

と思うかもしれませんが、パソコン版をお使いの方は抜け道がございます。

クラウドに同期すれば、パソコンから動画を書き出せるのです。

 

トップ画面で該当のファイルを長押しし、

雲マークをタップしてクラウドに保存。

そして、パソコン版のVideoScribeで「Online Scribes」をクリックすると、iPadで保存したファイルを編集できます。

 

カメラを固定できない

ただし、iPadアプリではカメラを固定できません。

常にカメラは流動的。

ひとつひとつの要素にフォーカスするように動きます。

現状では、複数の要素を同時に見せるカメラワークは不可能です。

 

アニメートしか調整できない

VideoScribeでは、個々の要素で

  • アニメート
  • ポーズ
  • トランジション

を調整していきますよね?

iPadアプリ「VideoScribe Anywhere」では、そのうちの「アニメート」、つまり、要素の表示時間しか決められません。

ただ、逆にいうと、考えることが減って楽。

 

途中からプレビュー再生でできない

「再生ボタン」からプレビュー再生できますが、残念ながら、

必ず頭から再生されます。

途中からプレビュー再生できません。

制作工程の中で、時間合わせしにくいデメリットがあります。

 

ドローイング表示のみ対応

また、要素の表示方法も限られています。

パソコン側では、

  • Draw
  • Move In
  • Fade In

から選べましたね?

しかし、iPadアプリは1つ目の「Draw」一択。

必ず手書きで描かれます。

また、手やペンを変更できず、必ずデフォルトハンドが登場します。

 

制限された自由が逆に・・・いい

以上、iPadアプリ「VideoScribe Anywhere」の紹介でした。

iPadアプリは自由度が少ないですが、逆にそれがいい、気がします。

自由度が少ない分、考えることが減って楽なのです。

 

しかも、キャンバスに要素を設置しやすい利点もあります。

ピンチインでキャンパスを拡大縮小し、オブジェクトの縮小拡大も容易。

回転もさくっと簡単。

パソコン版よりも、キャンパスを意識しやすく、要素の配置箇所にもこだわれました。

試しにiPadアプリで1つ動画を作ってみましたが、パソコンのソフトよりも負担が少なく最高です。

iPadをお持ちの方は「VideoScribe Anywhere」も試してみてください。

VideoScribe Anywhere
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: ¥120

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。