VideoScribeで作業前にやっておきたい初期設定




 

さて、前回はVideoScribeのタイムラインの特殊性についてお伝えしてきました。

VideoScribeはキャンバスに配置したら個々の要素の表示時間の合計でタイムラインが変化する「マグネティックタイムライン(magnetic timeline)」を採用しているのでしたね。

そして、それぞれ要素の表示時間は

  • アニメート(Animate)
  • ポーズ(Pause)
  • トランジション(Transition)

の3つの時間から成立しています。

こらら3つのタイプの時間を調整していくことで、VideoScribe全体の動画を制作していきます。

つまり、VideoScribeでの作業において大半を占めるのは、

要素の3要素(アニメート・ポーズ・トランジション)を微調整する時間なのです。

 

これらの時間は「0.5秒刻み」で動かせます。

VideoScribeに読み込んだ音声に合わせて「アニメート」「ポーズ」「トランジション」の3つをクリックでカチカチして調整せねばなりません。

そこでこのちまちまとした時間調整を減らすためにおすすめなのが、

初期値を設定する方法です。

 

デフォルトでは、

  • アニメート:8秒
  • ポーズ:0.5秒
  • トランジション:1秒

となっています。

ゆっくりと要素を表示させて(8秒)、ちょっとそこでカメラを止めて(0.5秒)、1秒でカメラを移動させる動きをします。

完全に「アニメーション中心」の設定になっていますね。
Image from Gyazo
正直、8秒かけてアニメーションさせるゆっくりした動画を作る予定はありませんし、情報をしっかり伝えるためにもっと「ポーズ」を長くしたいところです。

そして、カメラの固定が多い場合、トランジションは「0秒」をデフォルトで設定したいところです。

なんせ、カメラ固定ならトランジションの時間はポーズと同じ役割(カメラを固定する)になりますから。

 

ありがたいことに、VideoScribeでは

  • アニメート(Animate)
  • ポーズ(Pause)
  • トランジション(Transition)

の初期値を自分で決められます。

VideoScribeのトップページから左下の「歯車」をクリックし、以下の3項目をいじります。

Image from Gyazo
  1. Transition Time(トランジション)
  2. Pause Time(ポーズ)
  3. Max Draw Time(アニメート)

これらは初期値に値するもので、ここで決めた時間が各要素のデフォルト値になるでしょう。

ただし、ここでの設定は既存のファイルには適用されません。

あくまでもこれから新規で作るファイルにしか適用されないのです。

それゆえ、これからVideoScribeで作業を始める方は、作業開始前にトップ画面から初期値を設定しておきましょう。

さすれば、VideoScribeの作業時間は短くなり、ホワイトな労働環境になること間違いありません。

ぜひこぞってお試しくださいませ。

 

それでは!

Ken



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。