いつの間にかVideoScribeが日本語に対応していたよ




 

VideoScribeの弱点。

それは「日本語未対応」という点でした。

テキストツールで日本語を入力すると、エラーが出てしまうので、日本人のホワイトボード製作者は

しかありませんでした。

製作元のSPARKLOLがイギリスの会社ということもあって、アルファベットと遠い親戚である日本語が対応するなんて1光年ぐらい先だろう、と高を括っていたのはわたしだけではないはず。

 

がしかし、です。

なんと、2020年8月27日にリリースされたVideoScribe Version 3.6から

日本語が対応に!!!!!!!!

いや、日本語どうこうという次元ではなく、中国語、韓国語、アラビア語、ラテン語まで対応。

Googleフォントライブラリーから65フォントがVideoScribeに標準装備されるようになったんですね。

古いバージョンをお使いの方は、VideoScribeをアップデートしなければ使えるようになりません

 

VideoScribeで日本語フォントを使う方法

ただし、です。

日本語フォントを追加して、日本語のフォントを選ばないと、テキストツールで日本語を使えません。

 

フォント追加

まずはプラスマークで日本語対応フォントを追加しましょう。

テキストツールのメニューから「More Fonts」、めぼしいフォントの「プラスマーク」をクリックすればフォントを追加できます。

Image from Gyazo

現時点でVideoScribeで標準装備されている日本語対応のフォントは以下の2つ。

  • Mplus 1p
  • Sawarabi Mincho

 

えっ、2つだけ?

と思うかもしれませんが、現状ではこの2つで頑張るしかありません。

ただ「明朝(Sawarabi)」も「ゴシック(Mplus)」も対応しているのが嬉しい点です。

 

ただ、今回のアップデートで、

新フォントの追加ができなくなりました。

お気に入りの日本語フォントをお持ちでもあっても、VideoScribeでは使えないのが今のところです。

そういう方はそのお気に入りのフォントで書いた日本語をベクター系のソフト(例えばイラストレーター)でトレースして、それをSVG書き出して、VideoScribeに読み込むといいでしょう。

とはいえ、テキストツールで日本語入力できるようになったアップデートは日本人ユーザーにとってかなり大きな変化です!

 

VideoScribeの日本語テキストツールを使ってみた

さて、実際にVideoScribeの日本語テキストツールを検証してみました(Sawarabi Minchoで検証)。

 

平仮名も、

Image from Gyazo
カタカナも、

Image from Gyazo

漢字も、

Image from Gyazo
いけますね。

ただし、よーく見ると書き順は正しくない箇所もありますので、ボロが出ないために速いスピードで再生してごまかすのが日本語テキストツールを使うコツかもしれませんね。

Image from Gyazo
「VideoScribeは日本語未対応だから」という理由でホワイトボード制作を諦めてきた方も、このアップデートによりVideoScribeデビューしない理由はなくなりました。今が、チャンスです。

ぜひこれを機会にホワイトボードアニメーションに挑戦してみてください。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。