VideoScribeに日本語を手書き表示させる方法〜SVGを活用せよ〜




 

なるほど、SVGを活用すれば、VideoScribeで手書きを自作できると判明しました。

ということは、ですよ??

日本語もSVGで手書き表現できることになります。

 

 

 

イラストレーターで日本語をSVGファイルで作成する方法

ということで、イラストレーターにて日本語をSVGで作成してみます。

「ペンツール」または「鉛筆ツール」で「あいうえお」と書けばいいですね。

 

感覚的に日本語を書きやすいのが「鉛筆ツール」。

ツール選択状態でマウスを動せば線を描けます。

 

まるで鉛筆で書くがごとく、オリジナルの日本語を生み出せるでしょう。

Image from Gyazo

一方「ペンツール」も負けていません。

厳密な線で日本語を書く際に活用するといいでしょう。
Image from Gyazo
ベジェ曲線で狙った通りに線をかけます。

Image from Gyazo

もちろん、線色は変えられます。

太さも自由に変更できますし、角を丸くすることも可。

Image from Gyazo

つまりは、VideoScribeで対応言語はさほど重要ではなかったのです。

言語を記述したSVGを作れば、どんな言語も手書き表現できます。

 

手書きがに自信がない方へ

がしかしですよ?

中には手書きに自信がない方もいるでしょう。

 

そんな「手書き弱者」におすすめなのが、フォントをトレースする技

テキストツールで日本語入力し、色を薄い灰色に変更。

Image from Gyazo

ロックをかけ、クリックしても選択されぬようにします。

もしくはレイヤーを分けてもいいかもしれません。

その上からペンツールでなぞればいいんですね。

Image from Gyazo

この技をマスターすれば、手間こそかかりますが、しっかり手書きできるでしょう。
Image from Gyazo
しかし、ベジェ曲線の使い手である必要ありますが・・・!

Image from Gyazo

手書きに自信がない方はぜひお試しあれ。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。