費用はどれくらい?VideoScribeの料金システムを徹底解剖してみた




 

ホワイトボードアニメーションを簡単に作れるVideoScribe。

利用を検討し始めると気になるのが、

VideoScribeの費用です。

今日は実際に有料会員になったわたしが、VideoScribeの料金システムを徹底解剖します。

 

VideoScribeの料金システムを徹底解剖

VideoScribeの利用料金は

  1. 個人
  2. チーム

で「2通り」存在しています。

 

個人の料金システム

個人の場合、次の3プランから。

プラン名 料金
1年契約 168ドル / 年
月額契約 35ドル / 月
ソフト買い切り 800ドル

 

ある一定期間使い続けるための料金を支払う「サブスクリプション契約」。

もしくは、ソフトを買ってしまう「買い切り」が存在しています。

そして、サブスクリプションの場合、

  • 1年ごとにドバっとお金を払うのか?
  • 月々ちまちまと払っていくのか?

によって料金は変化しますね。

 

チームの料金システム

続いては、チームでライセンスを借りる場合です。

組織でホワイトボードアニメーション制作したい場合、チーム単位で契約も可能です。

ただし、チームの場合は「年契約のみ」。

「ソフト買い切り」も「月額サブスクリプション」もありません。

 

そして知っておきたいのが、

チームの人数に応じて「1人当たりの料金」は安くなる

という事実。

 

以下の表をご覧ください。

チームの人数 1人あたりの料金(1年)
5人以上 155ドル
10人以上 150ドル
20人以上 145ドル

 

チームの人数が多いほど1人あたりの料金は下がります。

例えば、14人のチームを考えてみましょう。

その場合、

10人以上20人未満

に相当するので、1人当たりの料金は150ドル。

それを14人分払うので、1年で合計「2100ドル」支払います。

 

「チャリティ」という抜け道があった

なるほど。

「個人」と「チーム」で料金システムは異なると判明しました。

 

しかし、VideoScribeには1つだけ「抜け道」が用意されているんです。

それはチャリティのためにVideoScribeを使う場合です。

具体的にいうと、

有効なNPOまたチャリティ組織(アメリカ、イギリス、その他の国における)において活動している組織が対象です。

なんと、これらの組織ならば、

50パーセント割引

で使えるのです。

 

アメリカのチャリティ組織の場合

アメリカのチャリティ組織の場合、次の基準を満たす必要があります。

US organizations must be recognized by the Internal Revenue Service (IRS) as exempt from federal income tax under Section 501(c)(3) of the Internal Revenue Code (IRC).

ふむふむ、えっと、

IRSにIRCのセクション501(c)(3)に該当する連邦税を免除されて免除すると認められている組織

と。正直よくわかりませんが、このような組織はチャリティ割引を受けられます。

 

イギリスのチャリティ組織の場合

一方、イギリスの場合をみましょう。

NPO・NGO法人のうち、下記の地域でチャリティステータスが認められている組織は割引を受けられます。

England and Wales, registered with the UK Charities Commission and/or registered with HM Revenue & Customs (HMRC) as tax exempt;
Scotland, registered with the Office of the Scottish Charity Regulator (OSCR) and/or registered with HMRC as tax exempt;
Northern Ireland, registered with the Charity Commission for Northern Ireland (CCNI) and/or registered with HMRC as tax exempt.

 

その他の国

そして、アメリカとイギリス以外の国には明確な基準がありません。

VideoScribeを運営しているSPARKOLへ直に問い合わせるようです。

If you are from any other country please contact us directly to find out if you’re eligible and what discount applies in your country.

日本も残念ながらこのカテゴリーに属しています。

 

 

以上です。

VideoScribeは有料ソフトで、

チャリティ集団でもない限り、割引で使えません。

わたしのような個人利用の場合、

  • サブスクリプションの年契約 or 月契約
  • ソフト買い切り

のいずれかを選びます。

 

ここで疑問になってくるのが「どのプランが最適なのか」です。

わたしはソフトを買い切る勇気もなく、かといって、月額35ドルの月サブスクリプション契約は面倒くさそうだったので、

年額のサブスクリプション契約にしました。

「1年168ドル」を払って1年間使わせてもらうことに。

そして、VideoScribeを1年使っても役立たないと思ったら、契約を解除してやる、と誓ったのです。

 

ただ、先日、VideoScribeの商用利用について記事を書いていたところ、

VideoScribeのソフトを買い切るメリットに気づきました。

 

 

それは買い切れば、

VideoScribeで作成したビデオを半永久的に販売できる

というメリットです。

なぜなら、VideoScribeでは有料サブスクリプションの状態ではないと、ビデオを販売したりライセンス契約で貸し出したりできないからです。

動画自体を販売しようと考えている方は、サブスクリプション契約にすると、

販売中は有料会員になり続けなければなりません。

 

ただ、無料会員でも

YouTubeなどに動画をアップロードして得る広告収入

は許されていますのでご安心ください。

焦点となるのは「ビデオ自体を販売」または「ライセンスによる貸し出し」のみです。

半永久的にビデオ自体を販売したい方は、サブスクリプションではなく、ソフトを買い切りましょう。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。