VideoScribeのクイックメニュー(quick menu)の使い方




 

VideoScribeにはショートカットキーがありますが、正直、それほど充実していません。

もはやクラップ同然なので、使い倒したくても倒せず、イライラすることもあるでしょう。

そこでおすすめなのが

クイックメニュー(quick menu)

です。

VideoScribeで作業するならば、ぜひ知っておきたい隠しメニューです。

 

VideoScribeのクイックメニュー(quick menu)の使い方

使い方は簡単です。

サムネイル右の「矢印ボタン」をクリック。

Image from Gyazo

するとサムネイル領域が拡張され、次の画面に遷移するんじゃないっすかね。

これこそ「クイックメニュー」であり、こいつを使えば、以下の項目をクイックに調整できます。

 

要素の表示時間

まず楽になるのが各要素の表示時間を調整できること。

表示時間を決定付ける3要素、

  1. アニメイト
  2. ポーズ
  3. トランジション

をサムネイル上で調整できます。

いちいちプロパティを開かず調整できるので時短に繋がります。

 

使い方も簡単。

調整したい時間(アニメイト・ポーズ・トランジションのいずれか)をクリックし、プラス・マイナス「0.5秒刻み」で調整していきます。

 

 

しかも、長押しクリックすれば、押している時間だけ動かせます。

 

Image from Gyazo

 

カメラの固定・非固定

右上のカメラマークでは、カメラの設定をできます。

 

一番左が「固定」、真ん中が「固定解除」、その右ならカメラビューに移動できます。

 

 

画面右下のカメラマークはいじる必要なくなり、マウスのカーソルを動かす手間が省けます。

 

ここから再生する

クイックメニュー上で右クリックすると、以下のメニューが出てきます。

この中で役立つコマンドは

Play from here

です。

 

文字通り「ここから再生する機能」であり、選択要素から再生できます。

前回紹介したVideoScribeのショートカットキーでcommand + Pを発動すれば、最初から再生可能です。

しかし、「最初からしか」プレビュー再生できないため、「Play from here」の存在は大きいのです。

 

ぜひショートカットキーと合わせてクイックメニューもご活用くださいませ。

 

それでは!

Ken

 

【参考記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。