VideoScribeのクイックメニュー(quick menu)の使い方




 

VideoScribeでの作業時間を短くするため、ショートカットキーを使い倒す、という手段が考えられますが、正直、それほど充実していません。

もはやクラップ同然なので、使い倒したくても倒せずイライラすることもあるかもしれません。

そこでおすすめなのが

クイックメニュー(quick menu)

という機能。

こちらは作業効率的に遂行できる「特殊な隠しメニュー」であり、VideoScribeでホワイトボードアニメーションを制作をするならば、ぜがひでも知っておきたい機能です。

 

VideoScribeのクイックメニュー(quick menu)の使い方

クイックメニューの使い方は簡単です。

タイムラインの要素のサムネイルの右に表示されている矢印ボタンをクリック。

Image from Gyazo

するとサムネイル領域が拡張され、次の画面に遷移するんじゃないっすかね。

これこそ先程からちらちらと出ている「クイックメニュー」。

こいつを使えば、以下の項目をクイックに調整できます。

 

要素の表示時間

まず楽になるのが各要素の表示時間を調整できること。

表示時間を決定付ける3要素、

  1. アニメイト
  2. ポーズ
  3. トランジション

をクイックメニューならば、サムネイル上で調整できます。

いちいち要素のプロパティを開かずとも調整できるので圧倒的な時短に繋がります。

 

使い方も簡単。

調整したい時間(アニメイト・ポーズ・トランジションのいずれか)をクリックし、プラスとマイナスで「0.5秒刻み」で調整していきます。

しかも、長押しクリックすれば、押している時間だけ時間を調整できます。

Image from Gyazo

0.5秒刻みでちまちまではなく、大幅に時間を変更したいときにも有効ですね。

 

カメラの固定・非固定

右上のカメラマークをクリックすれば、カメラの固定・非固定を設定できます。

3つカメラ設定項目が出てきますが、一番左が固定、真ん中が固定解除、右のアイコンは設定されているカメラビューに移動できます。

これならばカメラ設定を画面の右下のカメラマークで調整する必要はなくなり、マウスのカーソルを動かす手間が省けます。

なんせ、サムネイル上でカメラの固定・解除設定ができるのですから。

 

ここから再生する

そしてクイックメニュー上で右クリックすると、以下のメニューが出てきます。

この中で使い物になる役に立つコマンドは

Play from here

です。

文字通り「ここから再生する機能」であり、選択中の要素からプレビュー再生できます。

前回紹介したVideoScribeのショートカットキーで「command + P」を発動すれば、最初から再生することは可能です。

しかし、「最初からしか」プレビュー再生できないため、このクイックメニューに内蔵された「Play from here」の存在はかなり大きいです。

ぜひショートカットキーと合わせてこちらのクイックメニューもご活用くださいませ。

それでは!

Ken

 

【参考記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。