【保存版】VideoScribeのショートカットキーまとめ




 

ホワイトボードアニメーション制作ソフトVideoScribe。

なんといっても、VideoScribeの作業は時間がかかります。

要素の表示時間の調整、アニメーション方法の選択、カメラの固定・非固定など、設定項目がありすぎるんですよ。

初心者は時間がかかり、作業が苦痛に思えることがあるかもしれません。

 

VideoScribeのショートカットキーまとめ

ありがたいことにVideoScribeには、

ショートカットキー

が用意されています。

数はそれほど多くありませんが、中には驚くべきショートカットも混じっております。

今回はその中から特に便利なものを紹介します。

わたしがMacユーザーということもあり、Macのショートカットキーを紹介します

 

 

カメラのズームイン・ズームアウト

要素選択状態で次のショートカットを発動すると、要素に対してカメラをズームイン・アウトできます。

ショートカットキー 効能
command + ^ 拡大
command + – 縮小

マウスでカチカチと拡大・縮小する手間が省けるでしょう。

 

最初からプレビュー再生する

command + P

を発動すると、1つ目の要素からプレビュー再生できます。

ただし、選択要素からプレビュー再生できないのは残念なところ。

最初からでもいいのでプレビュー再生したい時にどうぞ。

 

要素をタイムライン上で移動する

要素を選択状態で、

command + ← →(左右の矢印)

を発動すると、選択中の要素をタイムライン上で1つずつ前後に動かせます。

例えば、A・B・Cという要素が3つ並んでいるとします。

Bを選択状態で「command + ←」を発動すると「B・A・C」という順番になるんです。

 

要素をタイムラインの最初と最後に移動する

いや、みみっちいこと言いません。

タイムラインの最初と最後に一発で移動させる方法もあります。

それは

fn + ← →(左右の矢印)

です。

これならばタイムラインの最初・最後に要素を瞬間移動できます。

 

カメラを移動させる

何も選択されていない状態で、

上下左右の矢印キー

を発動すると、カメラが移動します。

ありがたいことに「Shift」をおして発動すると、より大きな間隔で移動できます。

 

要素自体を動かす

要素を選択状態で、矢印キー(上下左右)をおすと、要素の位置を変更できます。

先程と同様、Shiftキーを押しながら発動すれば、移動幅が大きくなるでしょう。

 

以上、VideoScribeのショートカットキーでした。

制作元Sparklolにはもう少しショートカットキーに力を入れてほしいところですが、ショートカットキーがあるだけ、ありがたいです。

今後のVideoScribeのアップデートに期待しましょう。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。