【VideoScribe】SVGファイルの塗りを手書き表示する方法




 

VideoScribeにSVGファイルを適切に読み込むことで、自作の画像で「手書き表現」できるようになりました。

しかし、問題点が1つ。

それは、

塗りが手書きならない

ということ。

Image from Gyazo

ベジェ曲線で描いた線は手描きされるものの、どうしても塗りだけは一瞬でぱっと表示される簡素なアニメーションのままではありませんか。

どっからどうみても、寂しく、違和感だけが残ります。

 

【VideoScribe】SVGファイルの塗りを手書き表示する方法

ただ、そんな時もご安心ください。

VideoScribeとアドビの描画ソフトイラストレーターを活用すれば、塗りまで手書きで表現できます。

  1. 塗りがまだされていない図形
  2. 塗りが既にある図形

の2パターンに分けて解説していきます。

 

塗りを追加する

塗りを表現する方法ですね。

つまり、ペン先でグリグリしてベジェ曲線で塗りを再現するんです。
Image from Gyazo
VideoScribeに読み込んだSVGファイルでは、先に書いたものが先に描画されるルールになっています。

まずは外側の線を書いてから、最後に塗りを「ペンツール」または「鉛筆ツール」で描くと、

線 → 塗り

という順番で手書き表現できるでしょう。

「ペンツール」を駆使してベジェ曲線で塗りを表現し、

これをVideoScribeに読み込むと以下の通り。

Image from Gyazo

うん、塗りを再現できている、と言っちゃできていますが、塗りが線とかぶると少し違和感が残りますね。

 

もし「塗り」と「線」をわけて考えた方が分かりやすかったら、レイヤーをわけましょう。

VideoScribeに読み込んだSVGファイルでは、下のレイヤーから順番に描画するルールになっています。

 

 

塗りが既にある図形

次は描画した図形にすでに塗りが入っているパターン。

そういった場合、ペンツールまたは鉛筆ツールで、透明の線を塗りの上から描きます。

VideoScribeで読み込んだ際、塗りがストロークで表現されるようになります。

 

塗りの上に重ねる線は

  • 色あり
  • 不透明度 0%

にしましょう。

軌跡を確認するため、最初は色があってもいいですが、最後はこちらを透明にします。
Image from Gyazo
線はありで「不透明度を0%」にするんですね。

Image from Gyazo
最終的に、図形の外見上は線など入っておらず、塗りが自然に施されているように表示されるでしょう。

これをVideoScribeに読み込んでみると、あら不思議。
Image from Gyazo
透明の線をかぶせた塗りが手書き表現になります。

 

塗りの線を太くしたい場合、レイヤーの上にのせた透明の線を太くすればいいでしょう。

いやあ、こちらの方法の方が厳密に塗りを再現しやすいですね。

なんせ、透明の線が図形からはみ出た分は表示されませんし。

個人的にはこちらの塗りの再現方法をおすすめします。

 

以上です!

Ken

 

【参考記事】



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。