VideoScribeのタイムラインについて知っておきたいこと




VideoScribeのタイムラインどうなってるの?

VideoScribeの使い方で鍵を握るのが「タイムライン」の理解です。

動画は、静止画をタイムラインの時間軸に沿って配置していくパラパラ漫画のようなもの。

時間軸が動画の要といっても過言ではありません。

一般的な動画制作では、タイムラインが固定されていて、そこに写真や画像、動画、音声を配置していきます。

つまり固定的なタイムラインを採用しているんです。

動画を長くしたかったら書き出し範囲を長く、短くしたかったら動画の書き出し間を短くすればいいですよね。

 

一方、VideoScribeは異なるタイムライン方式を採用しています。

それは「マグネティックタイムライン(magnetic timeline)」と呼ばれているもの。

キャンバス上の全要素の表示時間合計が、動画の長さと等しくなります。

 

したがって、VideoScribeの動画長さは、

  • キャンバスに配置する要素の数
  • それぞれの要素を表示させる時間

によって決まるのです。

 

例えば、

  • 要素A
  • 要素B
  • 要素C

をキャンバスに挿入したとします。

それぞれの表示時間は、

  • 要素A(3秒)
  • 要素B(6秒)
  • 要素C(9秒)

とします。

すると、これら3つの合計時間「18秒」がこの動画の長さになります。

動画の尺を「1秒短くしたい」ならば、ABCいずれかの表示時間をどれでもいいので1秒短くしてやればいいのです。

その逆も然りです。

尺を長くしたい場合、いずれかの要素の表示時間を長くすればいいですね。

 

上記のように、VideoScribeでは、タイムラインの長さは

  • 要素の個数
  • 各要素の表示時間

に依存しているのです。

この性質から、VideoScribeではタイムラインを考える必要がなく、個々の要素の表示時間に注目する必要があります。

「キャンバスの要素を何秒表示するか?」

だけ考えていればいいのです。

 

VideoScribeのタイムラインをコントロールする方法

それではキャンバスに設置した要素の表示時間はどうやってコントロールするのでしょうか?

VideoScribeでは1つの要素の表示時間は以下の3要素で決めていきます。

  1. アニメート(Animate)
  2. ポーズ(Pause)
  3. トランジション(Transition)

 

 

 

アニメート

要素が全く何もないところから表示されるまでに必要な時間です。

例えば要素Aのアニメーションを3秒としたら、何もないところから3秒かかってキャンバスにAが出現します。

 

ポーズ

アニメートの時間が過ぎ、表示し終わった要素をそこから何秒間カメラに映し続けるかを決定づけます。

例えば要素Aのアニメーション時間を3秒、ポーズが6秒だったら、3秒でAを表示された後、6秒を同じ体勢でカメラを固定して写し続けることになります。

 

トランジション

次の要素を表示させるまでの移動時間を表わします。

例えば要素Aのアニメートが3秒、ポーズが6秒、トランジションが2秒だとします。

 

この場合、ポーズの時間が終了した後、トランジション2秒かけて、次の要素Bにカメラが移動します。

カメラの設定を固定ではなく、動く設定にしているなら、トランジションの時間はカメラの移動時間に他なりません。

トランジションが短いほどカメラの移動時間は短くなり、距離が一定とするならば速度は上がります。

一方、要素が切り替わってもカメラを固定している場合は、ポーズとトランジションは同じ扱いです。

要素を表示されるさせる時間に値します。

そのためカメラを固定するシーンはトランジションを「0秒」として扱ったほうが考える要素が少なく楽になるでしょう。

VideoScribeでホワイトボードアニメーションを制作される方は、VideoScribe特有の「マグネティックタイムライン(magnetic timeline)」という概念を念頭にれ、作業に取り組んでみてください。

 

それでは!

Ken

 

【参考文献】



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。