3分でわかる!YouTubeでチャプターを追加するやり方




 

先日『YouTubeでビジネスを伸ばす動画の成功法則』を読んでいたら、

YouTubeでチャプターを設定する方法

に出会いました。

YouTube公式ページによると「チャプター機能」 は以下の説明がされています。

チャプターにより動画がセクションごとに分割され、それぞれに個別のプレビューが表示されます。これらのチャプターにより、視聴者が動画の異なる部分を再視聴できるため、情報とコンテキストを提供するうえで役立ちます。

つまり、1つの動画を分割してパートわけできる機能ですね。

例えば、チャプター機能が実装されたこちらの動画をご覧ください。

タイムラインがチャプターごとに区切られていますよね。

Image from Gyazo

カーソルをタイムラインに合わせると、

  • サムネイル
  • チャプターのタイトル
  • 時間

が表示されます。

タイムラインにカーソルを置くと、動画内容を把握しやすくなりますね。

そして、時間の横にはチャプタータイトルが表示されます。

 

YouTube動画で残念だったのか「動画の旨味」が何秒にあるかわからないこと。

動画を見て、タイムラインのサムネイルで判断するしかありませんでした。

しかし、チャプター機能なら、製作者側が区分けを提示でき、見せたいものをすぐに見てもらえます。

 

YouTubeでチャプターを追加するやり方

意外に簡単でした。

アップロードしたYouTube動画の編集画面へ進みましょう。

 

そして動画の説明(概要欄)を編集します。

 

 

この概要欄に

  • タイムスタンプ
  • チャプタータイトル

を記載すれば、YouTube側がチャプター機能を自動で追加してくれます。

 

「タイムスタンプ」とは、

チャプターが始まる時間のこと

で、「チャプターのタイトル」には、

チャプターの内容

を書けばいいんです。

 

書式は以下の通り。

 

タイムスタンプ チャプターのタイトル

 

例えば、「12秒」で「第二章」になる場合は以下のように記載しましょう。

0:12 第二章

 

たったこれだけでチャプター追加は完了。

1つの動画を「チャプターの集合」として視聴者側に提示できます。

 

今回、わたしは「α7IIIの内蔵マイクはどこにあるのか?」で以下のチャプターを追加してみました。

0:00 Intro

0:21 説明書にはなんて書いてある?

0:59 内蔵マイクで録音してみた

1:14 結論

するとどうでしょう??

動画のタイムラインに切れ目が入り、複数チャプターから成立するように見せられるではありませんか。

 

Image from Gyazo

動画でみたいチャプターにジャンプし、情報を吸収しやすくなりました。

また、チャプタータイトルが時間の横に出るので「どのチャプターを見ているのか?」を意識しながら視聴できます。

 

YouTubeでチャプターが反映されない原因は?

ただ世界には、

言われた通りやったのにチャプターがでねえ!

と憤っている方もいるでしょう。

 

そんな方は一度深い呼吸を入れ、タイムスタンプが青文字になっていることをご確認くださいませ。

「青いタイムスタンプ」をクリックすると、タイムスタンプの位置にジャンプできるはず。

Image from Gyazo

 

設定に失敗している方は、タイムスタンプが青文字になっていない可能性があります。

「タイムスタンプ」として認識されていないんですね。

検証したところ、

タイムスタンプが「全角」だとタイムスタンプとして認識されませんでした。

必ず「半角で」タイムスタンプを記載しましょう。

 

ちなみに、「タイムスタンプ」と「チャプタータイトル」の間のスペースはあってもなくても問題なし。

スペースが半角であろうが全角だろうがも関係なし。

気をつけるべきは「タイムスタンプを半角にすること」のみです。

ぜひ奮ってYouTubeのチャプターを追加してみてください。

 

それでは!

Ken

 

【参考文献】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。