【保存版】YouTube再生リストの作り方・編集方法




 

YouTubeに動画をアップし始めると、マスターせねばならぬものがあります。

それは再生リストの使い方ですね。

「再生リスト」とは、公式ページによると、

動画を集めたもの。

まさに実際に使ってみてその通りだと思います。

 

例えば、a・b・cという3つの動画があったとしましょう。

 

YouTube 再生リスト

 

それぞれ単独の動画ですよね?

これを「再生リストA」を作って、その中にa・b・cの3つを入れます。

 

YouTube 再生リスト

 

すると、バラバラだった動画が「再生リストAに属する動画」となり、動画をカテゴリー分けできるのです。

 

ブログでいう「カテゴリー」のようなもの。

例えばこの記事は「YouTube」カテゴリーに入っている記事で、当然YouTubeについての内容を扱っています。

「YouTube」カテゴリーを参照すれば、他のYouTubeに関する記事も閲覧できますね。

まさにYouTubeの再生リストも同じで「YouTube動画のカテゴリー」と思っておけばいいでしょう。

いわば「動画の分類」なのです。

 

YouTube 再生リストの作り方

再生リストはどうやって作るんでしょうか?

作り方は意外に簡単です。

 

まず「YouTube Studio」から

「再生リスト」をクリック。

再生リスト専用ウィンドウを開きます。

そして、「新しい再生リスト」をクリックして名前を決めましょう。
Image from Gyazo
動画再生リストを作ったら、その中に動画を追加するだけ。

Image from Gyazo

3点をクリックして「動画を追加する」を選び、再生リストに追加する動画を選ぶだけ。

追加できるのは、自分で作った動画だけではありません。

自分以外が作った動画も再生リストへ追加できるのです。

 

それでは、「いつ」動画を再生リストに追加するのが無難でしょうか?

それは、動画をアップロードしたついで、です。

YouTubeにアップロードしたら、動画情報を編集しなければなりません。

 

Image from Gyazo

 

例えば、タイトル、説明、タグとかですね。

その時に一緒に再生リストを設定するといいでしょう。

 

YouTube 再生リストの編集方法

再生リストの中身を編集できます。

YouTube Studioから「再生リスト」と進んで、再生リスト右側にある「編集」をクリック。

Image from Gyazo

 

 

公開設定

「公開度」を選べます。

デフォルトでは、誰でも閲覧できる「公開」になっています。

しかし設定を編集すれば、非公開にすることも可能。

Image from Gyazo

「限定公開」なら再生リストのURLを知っている人だけ見られるのです。

「非公開」なら、本人以外は見られない再生リストにできちゃいますよ。

 

動画を並び替える

再生リスト内の動画の順番を並び替えられます。

手動で並び替えてもいいですし、

Image from Gyazo

並び替える基準を選ぶのも構いません。

Image from Gyazo

例えば、

  • 追加した順番
  • 人気の順

などなど、並び替え方法が予め用意されています。

 

再生リストを削除

もちろん、再生リストを削除できます。

Image from Gyazo

再生リストの編集画面の「三つの点」から、再生リストを「削除」と進むといいでしょう。

 

再生リストを共同編集

再生リストは、複数人の共同作業で作り上げられます。

設定画面から「共同編集」と進み、タブをオンにすると「招待リンク」が発行されます。
Image from Gyazo
そちらをクリックすると、登録した人物に限って共同で編集できるのですね。

 

さあ、YouTubeの再生リストを活用しよう

以上、YouTubeの再生リストの作り方でした。

再生リストは「動画のグループ」と言ってもいいですね。

短時間の動画を寄せ集め、「再生リスト」という大きな塊で一連の流れで見せられるでしょう。

 

しかも、再生リストを作れば、YouTubeチャンネルのホーム画面をカスタマイズしやすくなるおまけ付き。

動画をカテゴリー分けしていれば、視聴者が見やすいようにカスタマイズできますよ。

 

それでは!

Ken



AEの作業を効率化!
After Effectsのショートカットポスター

Adobe動画制作ソフトAfter Effectsで便利なショートカットキーを把握できるショートカットキーポスターをどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です